655-3949944024693047.jpg
日本遺産シンポジウム
『家康決死の逃避行-影で支えた伊賀・甲賀の忍者たち-』

忍びの里伊賀甲賀忍者協議会では、『謎解き本能寺の変』や『伊賀者・甲賀者考』で知られる三重大学教授 藤田達生氏、『忍びの国』や『村上海賊の娘』で有名な小説家 和田竜氏をお招きし、日本遺産『忍びの里』のテーマの一つである『神君伊賀(甲賀)越え』にスポットをあてたシンポジウムおよびフィールドワークを開催します。

【日時】平成 31 年2月 23 日(土)午後1時~午後 4 時 
【場所】忍の里・プララ 甲南情報交流センター 多目的ホール (滋賀県甲賀市甲南町竜法師 600 番地) 
【内容】①基調講演「忍びの国と神君伊賀・甲賀越え」 三重大学教育学部教授 藤田達生 氏 
    ②基調対談「『忍びの国』の魅力」作家 和田 竜 氏
    ③パネルディスカッション「家康の逃避行と伊賀・甲賀」
【WEB】https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/news/article655.html

 

主催: 忍びの里伊賀甲賀忍者協議会